外壁塗装を依頼する前に~初心者でも至福の時を味わえる~

長く使う

作業員

外壁塗装を業者に依頼するのであれば、外壁の種類や塗料についてある程度の知識を付けておく必要があります。また塗装によって外壁の寿命は異なるので、一度業者に塗装してもらったからといっても永久にその状態を維持できるというわけではないのです。では外壁はどのような影響で寿命になるのかを確認しておくことが大切です。基本的に外壁の塗料や気候などの影響によって寿命に大きな差がでるのです。しかしどんなに良い条件で外壁塗装をやってもらったとしても20年程度でもう一度外壁塗装をする必要があります。
基本的に外壁塗装で長持ちさせるためには、より耐用年数が長い塗料を選ぶことが重要です。これらのことを考えると厳しい環境にある外壁ほどより良い塗料を使う必要があるので、日照量や気候などの変化をチェックし、その場その場にあった塗装を依頼しましょう。
外壁塗装は重ね塗りすることが基本ですが、その回数は最低でも3回ほどは行なう必要があります。より丁寧に時間をかけて行なう塗装は当然耐用年数もアップしますが、業者によっては手抜きを行ない2回で済ませる場合もあります。見積りを出してもらうときに何回塗装するかを確認できるので、業者を比較するときには必ず注目してみましょう。また外壁塗装が完了しても住宅の環境が悪ければ思っていたよりも耐用年数が低くなってしまうことがあります。例えば、豪雨が長続きする場所や湿度が年中高い場所などは外壁にも大きなダメージを与えることになってしまうのです。このようなトラブルを防ぐためにも未然にどんな塗装が必要なのかを業者と相談してから決めるようにしましょう。