外壁塗装を依頼する前に~初心者でも至福の時を味わえる~

塗料の種類

作業員

外壁塗装を行なう場合には塗料の違いもしっかり確認しておかなくてはいけません。業者に依頼する場合であっても塗料の価格によって料金が大きく変わるので注意が必要です。また、外壁塗装を行なう場合の塗料に注目する意味は料金が変化するだけではなく、塗料によって効果や向き不向きがあるからです。そのため治療の違いをチェックすることが外壁塗装を成功させるコツなのです。外壁塗装に利用される塗料には様々な種類がありますが、基本的にはアクリル系塗料が有名です。この塗料の特徴は他のものと比べてかなり料金が安くなるので、様々な場所で利用されています。しかし、注意しなくてはいけないことがあります。それは耐用年数です。コストがかからないアクリル系塗料ですが、この塗料を利用するのであれば、5年前後しか持たないと考えておきましょう。劣化の原因になる理由は紫外線などが大きいと言われています。そのため屋根や外壁などに利用するのであれば他の塗料を利用した方が良いのです。具体的にどの部分に利用すると良いのかというと不燃材を利用している壁に最適なので、外壁材との相性確認も忘れずに行いましょう。ウレタン系塗料は水に強いという特徴をもっています。紫外線にも強いのです定期的にメンテナンスしないと汚れてしまうのですが、アクリル系塗料と比較すると弱点を補っているのですが、料金は少し高いのが特徴です。耐用年数もアクリル系塗料より少し長めになっており、しっかり利用すれば10年程度使えるのですが、そんなウレタン系塗料とマッチする外壁材はモルタル、金属製のサイディングなどが良いと言われているのでアクリル系塗料と同様に外壁材も確認してから利用するようにしましょう。外壁塗料として最高の耐用年数を誇るのがフッ素系塗料です。このタイプの塗料は約20年も利用することができますが、その分料金も高くなるのです。またどのメーカーが販売している塗料なのかを確認しておかないと耐用年数が異なるので、注意しなくてはいけません。